攻略

DQライバルズ&カードゲームの専門用語の意味まとめ

本日の人気記事

ここではDQライバルズでの専門用語、カードゲームでよく使われる専門用語を紹介します。

用語を知ることでよりゲームを理解しやすくなるので、覚えておきましょう!

DQライバルズ専用の用語

他のゲームでは使われることのない、このゲームオリジナルの用語です。

用語 意味
メタルボディ 3以下のダメージが強制的に1ダメージになる
貫通 "貫通"を持つユニットで前列のユニットに攻撃した時に、後列のユニットにも同時にダメージを与えられる。(受ける反撃は前列の攻撃力分のみ)
ステルス 相手側は攻撃対象や特技カードの効果対象に選ぶことができなくなります。ただし、範囲攻撃や全体攻撃など、直接ユニットを選ばない効果までは防げません。ステルス状態のユニットが行動すると、ステルス状態が解除されます
ねらい撃ち におうだち・ウォール・ブロックの効果を受けずに、自由に攻撃対象を選べる能力です。ただし、ステルス状態のユニットは攻撃対象に選べません
におうだち "におうだち"を持つユニットが前列にいると、相手はそれ以外のユニットを攻撃できない
速攻 場にユニットを召喚したターンから攻撃できる能力です
テンションリンク リーダーのテンションが上がるたび発動する能力
占い 召喚またはカードを使用した際に発動する能力です。どちらか片方の能力がランダムで選ばれて発動します
必中モード 占いの効果を持ったカードを使用した際に、発動させたい効果を1つ選ぶことができる状態です。
超必中モード 占いの効果を持ったカードを使用した際に、2つの効果が同時に発動する状態です
封印 ユニットの持っている能力やかかっている効果をすべて無効化する状態異常です。封印後にかけられた効果については封印されません
互いのターンを終了する度にダメージを受ける状態異常です
闇の衣 状態異常や特技による効果を無効化し、ダメージを一切受けなくなります。特技カード「光の玉」を使われると、闇の衣が封印されます
攻撃不能 次のターンに攻撃ができなくなる状態異常

カードゲームの用語

カードゲームをプレイする際に、よく聞くことになるであろう用語です。

用語 意味
アド アドバンテージの略。勝負に有利となる様々な要素のこと
コスト カード(またはテキスト)を使用する為にプレイヤーが支払うべき代償(このゲームではMPを指す)
サーチ 山札から任意のカードを選び出して手札等に加える、あるいは即座に使用する効果の総称
バーン ユニットの攻撃力で相手の耐久力を減らすのではなく、相手の耐久力に直接ダメージを与える効果を多用して勝利する戦術
バウンス 相手が場に展開したユニット等を相手の手札、山札などに戻す効果
ビートダウン ユニットの攻撃により相手の耐久力を減らして勝つことを目的とする、最も一般的な戦術
フィニッシャー 終盤戦にメインアタッカーとなるカードの事です。コントロールデッキで採用されることが多い
マリガン 初期手札がゲームを展開する上で不都合であると判断した場合、デッキに一旦戻し切り直した後、新たに手札を引き直せるルール
AoE 全体除去の事です。これらの効果はカードを対象に取らないので、選択できないと書かれたフォロワーも効果を受けます。英語の「Area of Effect」からきています
アグロ 序盤から軽い脅威を展開し、速やかに対戦相手を倒すデッキタイプと定義されています。シャドウバースでは初手からどんどん小型のフォロワーを展開していき、早いターンでの決着を得意とするデッキタイプの事を言います。
コントロール 相手のフォロワー(キャラクター)に対応する形で序盤をしのぎ、全体除去などでハンドアドバンテージ差をつけて、終盤に大型のフォロワーで決着をつけるタイプのデッキの事を言います
ミッドレンジ 中盤戦で強いフォロワー(キャラクター)を多く採用し、相手が対応しきれない盤面を作る事に長けたデッキタイプの事を言います
ナーフ アップデートにより弱体化の修正を受けること
バニラ 全く付加効果を持たないユニットカード
リーサル 相手の致死量となるダメージの事
スタン落ち 発売から一定期間内のカードのみを使用できる(古すぎるカードは使えない)対戦ルールにおいて、過去に発売されたカードが順次使えなくなっていくこと
Tier ティアと読み、デッキタイプの流行度を示すものです。最強デッキなどはTier1とされます

本日の人気記事

-攻略